投稿日:

『不満はなくならない!』

こんにちは!

ラーンとアーンのブログをご覧いただきありがとうございます♪

「学び」「稼ぐ」「幸せ」をキーワードに、

日々の生活の中で、気がついたこと、思ったことを書いていこうと思います。


『不満はなくならない!』

「不満はなくならない!」
「ならどうするのよ!!!」

そうです。逆切れですw
以前このブログで、「不満なく幸せに生きる」
という事を書きました。

不満は欲から生まれるものです。
人は欲がなく生きるのは、ほぼ不可能です。
ならその欲を大きくしないよう、抑えることで
不満を小さく出来ないか?というだったと思います。

今回は不満を小さくするにはどうするか?
をちょっと違う方向から解決しようと考えましたので
お話しさせていただこうと思います!!

「顧客満足度」という言葉を聞いたことがありますか?
企業が、顧客管理をするとき、
よく使う言葉なのではないでしょうか。

お客様相談室やサポートセンターなど、
商品などに関する問い合わせをするところなどは,
特に重要視していて、商品開発・改善に役立てています。
私は以前このような部署で勤務したことがあります。

お客様の意見(不満・要望・わかりずらい点など)
を聞くことにより不満を小さくする
企業努力なのだと思います。

少し視点をずらして、商品に対して問い合わせを
する人とはどんな方なのでしょうか?

・商品を買おうとしている人
・商品を買ったが、使い方がわからない人
・商品に不満がある方(クレーム)
・商品の改善点を伝える人
・商品をほめる人

そして共通点は、「商品」に対して興味関心がある人達です。
実は企業に期待している人なのではないでしょうか?
しかも、わざわざ時間を使って問い合わせをしている方々なのです。
企業はこのような顧客を、ないがしろにせずしっかりと話を聞いて
商品の改善点を洗い出します。 

この姿勢は、「企業が話をしっかり聞いてくれた」

自分を大事にしてもらっていると 顧客は、まず満足します。(不満が和らぎます)
そしてその企業を良く思います。
(ファンになることも珍しくありません!)

ですから企業は、この顧客満足を重要視しているのです。
さて企業の事をお話ししましたが、話がずれてないですか?
と思っていますよね。

すみません・・・

でもあれ?このことは個人でも当てはまるのではないでしょうか?
不満は、興味関心がないと不満を抱きません。
顧客=自分、交際相手、家族
で置き換えてみてください。

不満にしっかり向き合って、何が原因か探ることで
未来志向の前向きな考えが生まれないでしょうか?

その様に不満に向き合えば、解消されなくても、
不満が小さくなるように思います。

相手がいるのならば、感情的にならず
お互いの不満を伝え、向き合うことが出来れば
なくならない不満と上手に付き合うことが出来るのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です